松山市への修学旅行に関する新聞記事をご紹介します。

▼ 新聞記事紹介

週刊観光経済新聞【2014年4月5日】PDFファイルを開きます。

広島・瀬戸内海・松山ルート 多彩なテーマ別交流メニューが充実 「平和学習」「世界遺産を通した学び」など教育旅行の定番の地として支持されている広島。これに瀬戸内海クルーズや島々での体験、道後温泉、しまなみ海道、多くの俳人や文学作品を排出した松山やとべ焼(伝統工芸の里)、清流肱川(大洲)を舞台とした多彩なテーマ別交流体験メニューを組み合わせたコースが大きな注目を集めている。

週刊観光経済新聞【2013年9月7日】PDFファイルを開きます。

今、最も注目される教育旅行先〜松山 愛媛県松山市は、「ほんもの体験」「交流・ふれあい」をテーマに、日本のエーゲ海と称される風光明媚な瀬戸内海の風土が育んだ、全国有数の柑橘産業や歴史・文化と、日本最古の湯・道後温泉や日本最後の完全な城郭を有する松山城などの地域資源を、「教育」という視点から改めて洗い出し、磨きをかけ、差別化を図りながら組み合わすことで、今、最も注目される修学旅行先となった。瀬戸内と松山市の取り組みを中心に紹介する。

週刊観光経済新聞【2013年4月6日】PDFファイルを開きます。

生徒が成長する旅 新定番 瀬戸内海と松山・道後温泉 人や文化と触れ合う交流体験 日本初の国立公園・瀬戸内海は、2014年に公園指定80周年を迎える。風光明媚な風土とそこで育まれた歴史や文化、産業は、教育旅行に欠かせない資源だ。そして松山・道後温泉の資源と組み合わせることで、教育旅行先の新定番となった。松山市の取り組みを中心にエリアを紹介する。

日本教育新聞【2012年6月25日】PDFファイルを開きます。

地域交流を通して学ぶ旅 広島〜松山〜関西を結ぶ瀬戸内コース 道後温泉や松山城といった有名な観光スポットをもち、夏目漱石の小説『坊っちゃん』や司馬遼太郎の小説『坂の上の雲』などの舞台としても知られる松山市。同市では、教育的な視点から地域の資源を磨き上げ、地元の人や文化との交流を練り込んだ多様な体験メニューを提案する。

週刊観光経済新聞【2012年4月7日】PDFファイルを開きます。

瀬戸内海と松山・道後温泉 人を育て、成長させるいま注目の教育旅行先

愛媛県松山市が提供する教育旅行のメニューは、「本物の体験」「将来に生きる体験」をテーマとして、教育旅行を通じて「感動」「教訓」、そして、「最高の思い出」を与えられる独自のメニュー作りを進めている。このため「教育」という視点から改めて地域資源を洗い出し、磨きをかけながら徹底した差別化を図っており、学校の教育課題や生徒のニーズに応じて、多様な体験メニューを用意している。数年前まで修学旅行生がほぼ皆無だった松山は、昨年度の受け入れが50校を超えるなど、いま最も注目されている教育旅行先だ。同市の教育旅行受け入れ事情を紹介しよう。

愛媛新聞【2011年10月13日】PDFファイルを開きます。

城詠む旅も松山ならでは 修学旅行の誘致に力を入れる松山市は、学業や進路の参考となる新たな体験メニューを作成。12日、大阪市の「咲くやこの花中学校」の3年生約80人が、愛媛大留学生との交流や松山大駅伝部の実技演習にチャレンジした。

日本教育新聞【2011年9月26日】PDFファイルを開きます。

明治の文化を感じる愛媛・松山の旅 多くの学校が修学旅行で訪れる広島・関西とのアクセスがよく、新たな訪問先として、注目を集める松山市。道後温泉や松山城などの歴史や文化、瀬戸内海の豊かな自然を有している。

観光経済新聞【2011年9月3日付】PDFファイルを開きます。

今、最も注目される教育旅行先〜松山〜 愛媛県松山市は、今、最も注目される教育旅行先であり、「本物の体験」「将来に生きる体験」をテーマとして、教育旅行を通じて「感動」「教訓」、そして、「最高の思い出」を与えられる独自のメニュー作りを進めている。

毎日新聞 【2011年6月2日】PDFファイルを開きます。

松山への修学旅行が人気 松山市への修学旅行人気が高まっている。訪れた学校数は、06年度には4校だったが、10年度は42校と10倍以上になっている。

週刊観光経済新聞【2011年4月2日】PDFファイルを開きます。

教育旅行「定番化」目指す 注目の瀬戸内ゴールデンルート 愛媛県松山市は、「本物の体験」「将来に生きる体験」をテーマとして、教育旅行を通じて「感動」「教訓」、そして、「最高の思い出」を与えられる独自のメニュー作りを進めている。

愛媛新聞【2010年11月11日】PDFファイルを開きます。

修学旅行 俳句に触れて 愛知県東海市の県立東海商業高校の生徒が10日、修学旅行の誘致を進める松山市を訪れ、大学生のガイドを聴きながらまち歩きを通した俳句づくりなどを体験した。

週刊観光経済新聞【2010年9月4日】PDFファイルを開きます。

愛媛県松山市 体験学習メニューを学校と共同で開発 「本物の体験」「将来に生きる体験」を通した、人と地域に心と心でふれあえるまちを目指し、教育旅行の目的地として近年受け入れ実績を伸ばしているのが愛媛県松山市だ。旅行先の定番で毎年多くの学校が訪れている広島や関西に、松山を加えた新たなコースを「ゴールデンルート」と名付けて誘致。

日本教育新聞【2010年6月28日】PDFファイルを開きます。

歴史文化の薫るまちで「心と心のふれあい・交流」を 松山市が提案した体験メニューの実施第一号として、愛媛県松山市を訪れた愛知県立東海商業高校。平和学習を目的に広島を訪れることは決まっており、その後行ける歴史があり豊かな自然を体験できる場所として、松山が候補にあがった。

毎日新聞【2010年6月11日】PDFファイルを開きます。

松山への修学旅行10倍 松山市の修学旅行誘致が好調だ。訪れる小中高校の数は、数年前までの年間3、4校から、今年度は予定を含め30校以上と、10倍近くにまで急増。ミカン狩りや俳句など独自の自然や歴史文化を生かした体験型のメニュー開発や、チャーター船での移動時間大幅短縮による広島からの誘導など、あれやこれやの呼び込み策が効果を生んでいるようだ。

愛媛新聞【2010年6月11日】PDFファイルを開きます。

修学旅行で松山新体験 三重中学校とコース共同開発 松山市の修学旅行誘致事業の一環で、三重県松阪市の市立梅村学園三重中学校(冨山真校長、424人)の3年生約140人が10日、松山市などを訪れ、市と学校が共同で企画した松山城の特別学習コースなどを巡った。

週刊観光経済新聞【2010年4月3日】PDFファイルを開きます。

人と地域にふれあえるまち「四国・松山」 松山市では、教育旅行の定番化目指し、瀬戸内海エリアを面として捉え、すでに教育旅行の定番である広島や京都、大阪、神戸などの関西を結ぶ新たな目的地としてアピールしている。名付けて「ゴールデンルート」がそれだ。

愛媛新聞【2010年1月12日】PDFファイルを開きます。

修学旅行が縁 愛ある交流 女子ソフトボール 松山で楽しく試合 松山商業高校(松山市旭町)と東海商業高校(愛知県東海市)の女子ソフトボール部が9日、松山商業高のグラウンドで交流試合を行い、冬空の下、さわやかな汗を流した。

毎日新聞【2010年1月10日】PDFファイルを開きます。

修学旅行縁で交流試合 松山市旭町の県立松山商業高校グランドで9日、同校と愛知県立東海商業高校(同県東海市、国枝裕校長)の女子ソフトボール部員同士による交流試合2試合があった。

毎日新聞【2009年11月20日】PDFファイルを開きます。

「ミカンの味 全然違うね」島の生活や文化 修学旅行生体験 松山市は「生きる体験」をテーマに修学旅行誘致に取り組んでいる。昨年度は9校、今年度は24校の誘致に成功した。

愛媛新聞【2009年6月12日】PDFファイルを開きます。

修学旅行 ユニーク体験 松山市が修学旅行誘致した三重県松阪市の中学生らが11日、道後での吟行や愛媛大の施設見学などユニークなコースを楽しんだ。

週刊観光経済新聞【2009年4月4日】PDFファイルを開きます。

「生きる体験」を地域あげて実現 日本最古の湯として名高い「道後温泉」を有し、年間500万人の観光客が訪れる愛媛県松山市で、現在、教育旅行誘致が積極的に展開されている。

愛媛新聞【2008年11月13日】PDFファイルを開きます。

修学旅行 松山にようこそ 松山市の修学旅行誘致で十二日、愛知県東海市の東海商業高校(国枝裕校長、七百人)の二年生二百三十一人が同市を訪れ、市が今年新たにプランニングした農家体験や環境学習中心のコースを満喫した。